健康的な生活を送るために!予防歯科の流れとは

虫歯などで歯が痛くなると、歯医者へ行って治療してもらいますね。これは当たり前のことです。 でも、虫歯を削って詰め物をして直してもらっても、歯を磨いているのにまた虫歯ができるという経験はありませんか。 これは、虫歯の予防をしっかりとしていないためで、日本は歯の寿命では先進国でも最下位という指摘もあります。

治療型歯科だけでは丈夫な歯が残らなくなるのはなぜでしょうか

まず、予防歯科について説明しましょう。
予防歯科とは、虫歯や歯周病になる恐れのある箇所を見つけてきれいにするなど、予防のための治療を言います。
なぜ予防が必要なのでしょうか。
歯が悪くなってから行う治療を繰り返していくと、次第に永久歯が減ってしまいます。永久歯を長く残していくためには、定期的な予防のための健診を受けることが大事になります。
では、予防歯科治療はどのように行われるのでしょうか。
(1)虫歯や歯周病の検査
虫歯や歯周病になっていないかどうかを最初にレントゲンなどで検査し、悪い箇所があれば先に治療してから、予防のための治療をします。
(2)唾液検査
唾液検査は、口の中にいる細菌の種類や唾液の量や質を調べるもので、それによって効率の良い予防歯科を提案します。
(3)PMTC
PMTCは専門家によって機械清掃を行ってもらうことで、歯の表面の菌の塊である「バイオフィルム」や歯垢・歯石を除去します。普段の歯ブラシによる歯磨きでは取りにくい部分です。このバイオフィルムは3ヵ月で再生されると言われ、定期的なPMTCが必要になります。
(4)フッ素塗布
虫歯は歯の表面を酸で溶かしますが、フッ素には歯質を強化して再石灰化を助け、虫歯原因菌の活動を抑えるという効果があるので、歯に濃度の高いフッ素を塗布します。効果を上げるためには、年に3~4回のフッ素塗布が必要となります。
(5)ブラッシングのレクチャー
歯のプロによる効果的な、正しいブラッシングの方法をレクチャーしてもらい、毎日のブラッシングをしっかり行います。
(6)生活習慣のアドバイス
虫歯や歯周病にかかりにくくするにはどのような生活習慣が必要かについてアドバイスしてもらいます。

このように(1)~(6)やその組み合わせが定期メンテナンスで行われることですが、年に数回定期メンテンスを行っていくのが良いでしょう。

日本より進んでいる海外予防歯科先進国の取り組み

日本では歯科医に通院する目的の7割近くが治療となっていますが、海外先進国では通院目的の6~7割が予防健診になっています。 その先進国の中でも最先進国と言われるのがスウェーデンですが、かつては日本と同じように対処療法を中心とした国でした。スウェーデンが予防歯科に大きく舵を切った取り組みを見てみましょう。

虫歯や歯周病はどうして起こるの?

虫歯や歯周病が起こる仕組みをご存知ですか。 まず、虫歯や歯周病の起こる原因を明らかにし、なぜ予防治療が大事なのかを理解していただきます。 とりわけ、歯周病は、誤嚥性肺炎や動脈硬化、心筋梗塞など全身に影響をする病気を引き起こす可能性がありますので、注意が必要です。

TOPへ戻る