虫歯や歯周病はどうして起こるの?

虫歯ができる条件とは?

虫歯ができる理由を説明しましょう。
虫歯は、虫歯菌が歯に感染して、酸が発生し歯を溶かすことでおきます。
虫歯菌にとって栄養源となるのが糖類です。
糖類は、お菓子だけでなく、米やパンなどの炭水化物、調味料などに含まれ、これらの塊が歯垢となると、虫歯菌の酸が発生して歯を溶かします。
したがって、糖類を除去することが虫歯の予防になります。
虫歯になると、偏食をしたり、その結果、体が太ったりします。
それではどのような場所が虫歯になりやすいのでしょうか。それは歯ブラシで磨くのが難しい場所です。一つは歯と歯の間、二つ目は奥歯の溝、三つ目は歯の根元で、この3カ所がポイントになります。
このような場所の掃除は、定期的なメンテナンスでPMTCを行ってもらうことが大切になります。

歯周病はいろんな病気の原因に

歯周病は、歯周病菌によって起こされます。
口腔内には300~400種類の細菌があると言われますが、その中で歯周病菌と言われるのが、A.A菌、P.G菌、スピロヘータなどの菌です。
歯と歯茎の隙間に歯周病菌が入ると、歯周ポケットができます。歯周病菌はバイオフィルムと呼ばれるねばねばした粘膜をつくり、歯茎が熟したトマトのように赤くなったり、口臭が強くなります。これを放置すると、歯肉がはがれ、ついには歯を支える歯槽骨も溶けて歯が抜けてしまいます。
歯周病になると、誤嚥性肺炎を起こしたり、歯周病菌が血管に入ると、動脈硬化、狭心症、心筋梗塞のリスクが高くなったり、糖尿病を悪化させたりします。妊娠中であれば、早産や流産、低体重出産などを引き起こす場合もありますので、注意が必要です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る