通販で買える珍フルーツをご紹介!

この記事をシェアする

メジャーな珍フルーツとマイナーな珍フルーツ

少しメジャーな珍フルーツ

では、ここでは少しメジャーな珍フルーツをご紹介いたします。

まず始めに、別ページにも名前が出てきた『ドリアン』です。
これは、大きくて外見がイガイガとしており、フルーツの王様とも呼ばれています。
しかし、その身は硬めのクリーム状でとても臭く、好みが結構別れてしまいます。
次に『ドラゴンフルーツ』という珍フルーツの紹介です。
最近ではメジャーとなりつつありますが、これは外見がまるで燃える炎のような、ファンタジーで出てくるドラゴンの卵のような形をしており、身は黒く細かい種子が入った白色が定番です。
これは以前筆者も食べたことがあるのですが、まるで綿菓子のような甘味が感じられ、美味しく感じました。
そして『スターフルーツ』も少しはメジャーかもしれません。
これは切ると星の形をした果実で、味も梨に似ているようです
とある有名なアニメのキャラクターの好物ですので、知っている方もいるのではないでしょうか?

結構マイナー?な珍フルーツ

それでは、こちらではマイナーな珍フルーツについてのご紹介です。

まずは『ランブータン』というフルーツ。
これは、マレー諸島が原産で、彼岸花のように毛がたくさん生えている果実で、皮をむくと、まるでライチのような白く透明な実が、大きな種を包むように入っており、ライチよりも甘みが強くて、水分は少なめのようです。
次は果物の女王と呼ばれる『マンゴスチン』をご紹介。
東南アジアが原産のフルーツで、少し絵に描いた柿のような形をし、紫色の厚くて硬い皮が特徴的です。
それを剥くと、中からは透明度の低い白の果実がつまっており、柔らかくて、果物の王様のドリアンとは違い、強い甘みと、爽やかな酸味が特徴の上品な味わいです。
そして、最後は『ジャックフルーツ』というものを紹介します。
別名はパラミツ、そして世界最大のフルーツと呼ばれるこの果実は、アジアが原産となっていて、大きさが40~50kgと大きく、ぶつぶつとしています。


Topへ
戻る▲